本文へスキップ

海外でレンタカー アメリカやヨーロッパでレンタカー旅行

海外レンタカーを一括検索

ご予約はこちら

海外レンタカー事故・故障の時どうする?about5

海外レンタカーを利用した際に大手レンタカー会社では、早いサイクルで車を新車に入れ替えているので、故障が発生することは滅多に無いと思います。

走行距離もそれほど多くないのでエンジンや足回りのトラブルはあまりないと思います。

また、考えたくはないのですが万が一事故にあったとき

日本とは違う部分もありますので記載していきます。

Point 1
アメリカで故障した場合@
Point 2
アメリカで故障した場合A
Point 3
アメリカで事故に遭った場合
Point 4
ヨーロッパで故障した場合
Point 5
ヨーロッパで事故に遭ったとき(イタリア)

Point 1 アメリカで故障した場合@

連絡先の電話番号はレンタカー契約書の封筒などに書かれています

キーを付けたままドアロックしてしまった場合に備え、連絡先のメモは財布の中などに入れておくと安心です。

海外でレンタカーを運転していて万が一故障やガス欠、パンクなどがあった場合、基本的にはレンタカー各社の24時間対応のロードサービスに依頼することになります。

各レンタカー会社のサービス内容を記載します。

日本語対応のレンタカー会社の場合

「ジャパニーズ プリーズ」と伝えると対応します。

コールセンターでは最短時間で現場に急行するスタッフ手配します。

ハーツレンタカー(日本語対応)

基本的なサービスに含まれます。

緊急ロードサービス

24時間365日

TEL; 1-800-654-5060

ハワイ 1-800-654-5060


ダラーレンタカー(日本語対応)

24時間365日

TEL; 1-877-244-9933

オプションでロードサービスがあります。

ハワイ

922-1877(オアフ島)

1-800-394-2246(他の島)

バジェットレンタカー(英語対応)

救援が必要な場合は直ちに契約営業所に連絡をしてください。

24時間対応ではない

オプションでロードサイド・セイフティーネット(RSN)

ハワイ(日本語対応)1-800-890-0046


エイビスレンタカー(英語対応)

24時間365日

TEL; 1-800-354-2847

貸渡契約書(Rental Agreement)に記載の

エイビス営業所緊急ロードサービス

ハワイ(日本語対応)1-800-890-0046


トラブルの際に日本語に対応しているレンタカー会社は

ハーツレンタカーとダラーレンタカーになります。


Point 2 アメリカで故障した場合A

ロードサービスがオプションのレンタカー会社もあり1日6ドル程度の費用が発生します。

同様のサービスをJAFの会員証を持っているとAAAのサービスを受けられます。

日本でおなじみのJAF、このJAFに入会しているとグローバル・サービスでロードサービスを受けられます。

AAA(アメリカの自動車連盟)

サービスを受けられる条件は

JAFの会員証を持っていること

本人(日本ではJAFカードがあると誰でもサービスを受けられます)

入国から90日以内(留学や転勤の時は受けられません、AAAに入会する必要があります)

準州(グアム・サイパン等)の地域では諸サービスは提供されません。


アメリカ自動車協会(AAA)の基本サービスの例(無料)…

バッテリー上がり、

キー閉じ込み、

パンク(スペアタイヤとの交換)、

燃料補給(燃料は実費)、

最寄りの修理工場までの牽引(3マイルまで無料)

前は故障時に日本語で対応してくれる窓口があったようですが今はないようです。(2012年3月31日(土)をもって終了)

アメリカ・カナダ共通:1-800-222-4357(英語)

レンタカー契約内容に含まれている場合は、

ロードサービスはレンタカー会社へ依頼します。

わざわざ入会することはありませんが、会員であればオプション料金を支払わずにAAAに依頼することも選択肢としてはあります。

ちなみにこのJAFの会員証は

日本同様世界各地でも割引を受けられます。

アメリカではユニバーサルスタジオやシーワールドなどのアトラクションホテルやショッピングです。


Point 3 アメリカで事故に遭った場合

負傷者がいる場合は救護をし、車を安全な場所に寄せる。


緊急電話番号(911)へ通報し、警察、救急車、消防車を呼ぶ。警察からは事故/盗難証明書(ポリスレポート)を取り寄せる為の請求書番号を貰う。


相手の確認(名前、連絡先、運転免許証番号、車のナンバー、各保険会社の情報を交換する)。


直ちにレンタカー契約営業所へ連絡をする。




レンタル契約書ホルダーに印刷されている破損/インシデントレポートに事故報告を記載の上、営業所に提出する。

その際、該当する保険の申請用紙を貰う。

以上の事項を怠った場合、または契約事項や交通規範に違反して事故を起こした場合等は、保険の適用が受けられません。

事故現場にて相手側と示談された場合にも保険補償制度が適用されません。

保険の手続きに関しては、契約者とレンタカーの契約している保険会社との間で直接行っていただきますが、不明な点や質問がある場合は問合せして確認します。

なお、手続きに関する書類については全て英語になります

Point 4 ヨーロッパで故障した場合

契約しているレンタカー会社に連絡をするとロードサービスに連絡して対応してくれます。

連絡先は契約時にもらった封筒などに記載されています。

しかし、時間外や休みなどで万が一連絡が付かない場合はヨーロッパの各国にもJAF(日本自動車連盟)と同様の組織があり、各地でロードサイドサービスを提供しています。

JAF会員になっている方は、海外旅行中、FIA(国際自動車連盟)に加盟する世界80ヵ国以上の海外自動車クラブから、ロードサービスや旅行情報提供などのサービスを受けることが出来るようです。

詳しくは、JAFグローバルサービスのサイトを参照してください。

http://www.jaf.or.jp/inter/interna/index.htm


各国のロードサービスの連絡先は


United Kingdom(イギリス)
Automobile Association (AA)
ホームページ:http://www.theaa.com/index.html
緊急時連絡先:0800 88 77 66

Switzerland(スイス)
Touring Club Suisse (TCS)
ホームページ:http://www.tcs.ch/(ドイツ語)
緊急時連絡先:140 or 0800 140 140

Spain(スペイン)
Real Autom?vil Club de Espa?a (RACE)
ホームページ:http://www.race.es/(スペイン語)
緊急時連絡先: 902 300 505

Italy(イタリア)
Automobile Association (AA)
ホームページ:http://www.theaa.com/index.html (イタリア語)
緊急時連絡先:0800 88 77 66

Germany(ドイツ)
Allgemeiner Deutscher Automobil-Club (ADAC)
ホームページ:http://www.adac.de(英語あり)
緊急時連絡先: 0180 2 22 22 22 (固定電話)/ 22 22 22(携帯)

Automobilclub von Deutschland (AvD)
ホームページ:http://www.avd.de/(英語あり)
緊急時連絡先:0800 9909909


France(フランス)
Automobile Club Association
ホームページ:http://www.automobile-club.org/(フランス語)
緊急時連絡先: 0800-08 92 22

Point 5 ヨーロッパで事故に遭ったとき(イタリア)

事故が起きたとき日本なら動かせる場合は路肩に寄せたり交通の邪魔にならないようにします。

イタリアでは事故の場合、夜間の高速道路や危険が伴う場合を除いて接触、もしくは停車した状態にしておきます。

負傷者がいる場合は救急車を呼びます。

救急車はイタリア語にみ対応となります。

番号は118になります。

車はそのままで相手がいる場合は必要事項を確認します。

カメラなどで撮影しても良いと思います。

確認するものは

車の登録証で確認して車両の所有者名、住所、電話番号

身分証明書で確認して運転者名、住所、電話番号

免許証で確認して免許証番号、発行官庁、発行年月日

フロントの保険証で確認して保険会社名、支店番号、保険証書番号(polizza)、有効期限

相手方車種、メーカー、ナンバー

相手と確認しながら事故年月日、時間、場所、相手方破損個所

事故現場見取図

確認がすんだら、後はレンタカーなので保険に加入していますので保険会社同士の交渉になりますので

過失などを含めて、その場で話すことはありません。

といってもイタリア語が分からないのでその場で交渉は無理ですが。

日本では事故を起こしたら警察に連絡します。

イタリアでは以下を除いて警察の事故証明はいりません。

人身事故の場合

相手方が必要書類を欠いている場合

相手方が逃げようとする場合

相手方が情報の交換に応じようとしない場合

相手方の状況認識を不当と感じた場合

車が動かなくなったら、レンタカー会社に連絡してください。

自走できる場合でも状態によっては近くの営業所をさがして交換する必要があるかも知れません。

その他の注意点

わからずに示談書にサインさせられることがあります。

イタリアの車に備え付けられている「constatazione amichevole」という用紙

当事者同士が事故の状況を記載する内容ですが示談書になっています。

イタリア語が分からないとサインする危険性があります。


店舗写真

information店舗情報

海外でレンタカー