本文へスキップ

海外でレンタカー アメリカやヨーロッパでレンタカー旅行

海外レンタカーを一括検索

ご予約はこちら

海外レンタカーは不安?

海外レンタカーは不安?

1 英語、もしくは現地の言葉がわからない。

前回説明した会員に入会しているとカウンターでの手続きはほとんどありません。

予約した内容をプリントアウトして持参すると、さらに簡単。

他の地域にはありませんがアメリカの場合は

トラブル等があっても日本語での対応をお願いすると対応してもらえます。


2 土地勘がない、地理がわからない

当然、海外の土地勘がないのは当たりまえです。

2人で乗車していても地図を見ながらの運転は日本でも難しいものです。

他のレンタカー会社も用意していますがナビをレンタルできます。

費用は1日約1.400円程度(1週間で10.000円)

メニューも音声も日本語に対応しています。

内容的には最低限の機能で地図なども日本のナビと比較すると

貧弱ですが、十分な機能です。

便利なのが目的地までの時間が表示されますので

予定を立てやすいと思います。

操作も難しいことはなく、なれると簡単です。

ただ、海外の住所の入力は日本とは逆になるので

慣れるまで混乱するかもしれません。


3 借りる場所や返す場所がわかるか不安

空港からレンタカーを借りる場合、周辺のレンタカーまでバスで行くか

空港に接続しているところにあるかのどちらかです。

バスを利用する空港としては

アメリカではロサンゼルス、サンディエゴ、ワシントンなど

ヨーロッパではフィレンツェやパリなど

接続している空港は

アメリカではサンフランシスコやシカゴもそうだったと思います。

ヨーロッパではフランクフルト、ローマ、ミラノなど

どちらもレンタルする場所は到着口から案内がありますのでわかりやすいと思います。

返すときはカーナビをレンタルしている場合はリターンを選択すると

営業所を選択できます。

カーナビがないときでも空港周辺に必ずレンタカーリターンの看板があります。


4 左ハンドルや左側通行、

海外で運転したことがない方によく聞かれます。

よく間違わないと

実際に来るまで走行するとわかりますが

左ハンドルに関しては特に問題は無いと思います。

最初にウインカーとワイパーを間違うことぐらいです。

左側通行に関して、通常の道を走行しているときは

他に車が走っていますので間違うことは無いと思います。

ハイウェイでは左側通行を意識することもありません。

ただ、車が走っていない田舎道や駐車場では少し混乱するかもしてません。

店舗写真

information店舗情報

海外でレンタカー