本文へスキップ

海外でレンタカー アメリカやヨーロッパでレンタカー旅行

海外レンタカーを一括検索

ご予約はこちら

アメリカの駐車場

アメリカの駐車場

駐車場の止め方は車の先頭から駐車するのが

スタンダートになっているようです。


日本ではバックして駐車する方が多いとは思います。

アメリカでもバックして駐車している方も少数ながらいます。

先頭から駐車すると出にくく感じるかもしれませんが

スペースに余裕があるので出られないことはありません。

また、先頭からしか入れられないように、

パーキングの線が斜めになっている所も多いです。

日本にもありますがバックして駐車すると排気ガスなどにより

建物が汚れるので

「後ろ向きに駐車しないで下さい」と書いてある所もあります。

買い物などして荷物が多いときは先頭から駐車していると荷物の

出し入れは楽に出来ます。

駐車した場合、出ることが難しいと感じたなら

バックで駐車することは問題ありません。


駐車場は立体駐車場

日本と同じようなシステムなので

チケットを受け取り、出庫の際に

精算(事前に精算機で精算するところもあります)

1時間いくらと案内があります。


駐車場内は左回りが基本になります。

車を駐車する場合、有料駐車場、パーキングメーター、

バレーパーキングなどの方法があり

ショッピングセンターや郊外でショッピングする際には無料の駐車場が

完備されている場合もあります。


バレーパーキング

主にホテルが多いと思います。

ホテルの正面玄関に停車すると、

係員が車を駐車スペースまで運んでくれるサービス。

ホテルは玄関横にデスクがあり、係員が常駐しています。

停車すると係の人が荷物を下ろしながらカギを受け取ります。

名前を聞かれてパーキング用紙に記入されます。

車は係員が駐車場まで持って行きます。

出す際も係員に用紙を渡して、待っていると車を回してきます。

駐車料金はホテルの場合、部屋付けされておりチェックアウトの際に支払います。

チップは車を預けるときは必要ありません。

出すときにチップを渡します。


メーターパーキング

日本にもありますが都心部などで、短時間の路上駐車に便利なのが

パーキングメーター。

メーターは残り時間を針で示すものと液晶表示の2種類。

支払いはコインで支払います。

25セントを使うことが一番多くその他

10セント、5セントを使うパーキングメーターもあります。

有料道路のことも考えると25セントは両替してある程度の

金額を持っていた方が良いと思います。

25セントで15分など、投入した金額によって駐車できる時間が変わります。

駐車できる最長時間は40分や5時間など場所によって違います。

投入したコイン分の時間が経過すると「EXPIRED」の表示になります。

「EXPIRED」と表示されるとそれ以降は駐車違反となります。

パーキングメーターのタイプは、

料金を投入してからレバーを回すと

メーター内の針が駐車可能時間を指します。

液晶式の新しいパーキングメーターは、

料金を投入すると残り時間が自動的に表示されます。


セルフパーキング

日本でもおなじみのゲートでチケットを受け取り、

出す際に精算するタイプ。

店舗写真

information店舗情報

海外でレンタカー