本文へスキップ

海外でレンタカー アメリカやヨーロッパでレンタカー旅行

海外レンタカーを一括検索

ご予約はこちら

アメリカのレンタカーをレンタルする際の料金システム

アメリカのレンタカーをレンタルする際の料金システム

その他の料金として空港税や州税・任意保険。

それにカーナビやチャイルドシートなどのオプション代金が加算されます。

日本同様ガソリンは返却する時に満タンが基本です。

満タンでない場合は別途、ガソリン代が加算されます。

金額は市内で給油する金額と比較して倍くらいの料金を請求されます。

だいたいは走行距離は基本的には無制限。

ただし一部の車種や地域では、一定の走行距離を超えた分について

追加走行距離が加算される場合があります。

レンタカー会社によっては通常のレンタルの他に

ガソリン代や保険がワンパッケージされているタイプもあります。


通常のレンタル

車のレンタル料金と車両損害補償制度の料金のみが含まれるプラン。

各種任意保険や車両登録料、税金などは、オプション設定なので、自分で選ぶことができます。

ガソリンも満タンで返却。


フルパッケージ

車のレンタル料金と車両損害補償制度に加え、

搭乗者・携行品保険や追加自動車損害賠償保険などの任意保険に加入。

税金・車両登録料・施設使用料、ガソリン1タンク分をワンパッケージにした

スペシャルレートのプランです。

金額も通常のレンタルと

それほど変わらない金額になることが多く

お得です。


通常であればフルパッケージをお勧めします。

店舗写真

information店舗情報

海外でレンタカー